夫人のひげの剃り方

妻の場合、入浴後に髭剃りを行うのが特別無難ですが、その際のマニュアルとして、まずはお風呂で汚れをきれいに落としてから始めるというのが大前提です。先々、面構えに剃刀クリームを塗り、毛髪の流れに沿って髭剃りを通じて赴き、そのあとに逆剃りを通じて髭が綺麗なんにも剃られている状態にする。みんなはこれで終わりにしようとしがちですが、これだといまだにスキンの落胆が残っている可能性がある結果、剃ったあとの加勢、いわゆる接待が必要になります。

接待の方策として特に行なうのが保湿です。保湿は髭剃りだから特別なことをする義務はなく、普段のスキンケアでやっているようなことをやればそれで問題ありません。当然髭剃り用の手法も市販されていますが、それを俄然使用するのは注意が必要です。髭剃り後はスキンが少々弱ってあり、予期せぬ肌荒れが発生することも考えられるためです。乳液によって加勢を通じて出向くことが求められます。

紳士の場合、接待に時間をかける奴は多くありませんが、紳士もスキンの弱々しい奴はいるため、髭剃りに細心の注意を払う奴もいる。その人向けの一品を女性が取り扱うというのもひどくはありませんが、それでも紳士と妻の違いがある結果、戦法などになじませて何もなさそうであれば扱うなどのことが必要となります。これらのことを守って行えば、慣れていけば時間もかけずにできるようになります。HP